一般的な虫歯治療の流れ

歯科医院における虫歯治療の流れをご説明します。

 

まず患者さんの主訴を聞き虫歯の可能性がある歯を検査しレントゲンを撮ります。

 

虫歯の程度を診断し患者さんに説明し治療に入ります。

 

虫歯のある歯が有髄歯(神経のある歯)なのか無髄歯(神経のない歯)によって麻酔の有無が変わります。

 

虫歯がエナメル質のみに限局している場合は、虫歯の部分を削ってコンポジットレジンという

 

歯の色に近いプラスチックを詰めて終了です。

 

虫歯が象牙質にまで達している場合は、コンポジットレジンを詰めるか

 

インレーという型をとって作った金属の詰め物をします。

 

インレーの場合は2回通う必要があります。

 

虫歯が神経にまで達している場合は、まず神経の治療をしてから最終的にクラウンという歯を完全に覆う

 

かぶせものをします。

 

神経の治療だけでも数回は必要で、更にクラウンの型どりをし合着で2回かかりますので

 

かなりの回数が必要となります。

 

虫歯は小さいほうが治療が簡単にすみ患者さんも通う回数が少なくて済みます。

 

早期発見早期治療が大切ですね。

リンク

遺族の方々への相続が争続とならないためにできること・・・それが、遺言(生前対策)なのです。
大阪で遺言に関することならトータルサポート大阪へ

 

チャーター便なら共立トランスポートへお任せください。
品質・コストともに自信があります!
共立トランスポートのチャーター便

関連記事

カテゴリ

最新記事

 
Copyright  美白化粧品 化粧品通販  All Rights Reserved